「日本人英語」と言われないための発音矯正法


 

 

今日は、海外渡航経験ゼロの僕が、日本人英語習得者及び、ネイティブに、

「Have you studied abroad before? (これまでどこか海外行かれてたんですか?)」

「Your pronunciation is really good!(発音上手だね!)」って言われるくらいには、

綺麗になった英語 発音矯正法についてお伝えします。

まず、発音の重要性について、最近「英語の発音」については、様々な異論が飛び交っています。

 

発音はどうでもいい。しっかり伝えたいことを、下手くそな英語でも伝えることさえできればそれで十分

日本人らしい英語を話すことで、相手にも日本人であるということが伝わる。

これから英語を話す機会のほとんどは、アジアが中心になってくる。アジアでは、みんな英語が得意なわけではないから、発音は不要。

 

と色々発音を軽視している声が非常に多く聞かれますし、実際事実としてあると思います。

しかし、それなりの発音の矯正なんて、大して時間もかからないし、簡単にできます。

また、発音が綺麗ということは「伝える」ということ以上に大きな付加価値にもなります。

 

以下に引用します。

 

簡単なことです。日本にいる外国人で日本語が流暢な人に出会うと、感服しますよね。また、尊敬の念と共に、そこまで日本語に精通してくれた努力に対して感謝の念さえ覚えます。他国言語の発音を極めるということは、その国の文化に対する最大のリスぺクトですよ。

発音が下手であるということは、その国の言語にも文化にもさほど興味がなく、努力もしていないということです。実際に努力していませんけれどね。そして海外で商売をする人や、国家を代表する人の発音が下手ならば、最初から、他国の文化への真摯な敬意を払わない相手だと判定されるわけです。多くの日本人は実際に大きな努力を伴うほど他国文化に敬意を払っていないので、仕方ないのかもしれませんが。

発音は、国際社会において、その人物の文化、教育、知性、見識、教養の全てが瞬時に判断されてしまう最重要ポイントだとの認識が必要だと思っています。このように考える日本人は私だけかもしれませんが。

もう一つ大事なのは、正確な発音ができない言葉は聞き取れないということです。日本人がヒアリングを苦手とする原因は、発音の軽視にあると思います。正しい発音で話せるようになれば、自然と聴き取り能力も向上してくるのです。

引用(URL:日本人の英語下手の原因は発音にある。

 

とこれは、田村耕太郎氏のコラムで紹介されていた文章であるが、まさにその通りであると思います。

「日本語を流暢に話せる」外国人を見ると、「ありがとう」という気持ちと、

「凄い」というリスペクトが自然と生まれます。

そこで、大きな差が生まれかねないとも思います。

 

そして、私自身の経験でもあるのですが、

NY大学のネイティブの友達と日本の歴史博物館に行った際、

「珍客」について説明しないといけない機会があり、

「Rare visitorのことかな」って言った際に、「What? Sorry?」

と2回ほど繰り返した後、隣にいる女の子が助言をしてくれたみたいでなんとか通じました。

 

これは、日本人特有のRとLの発音です。

このように、発音ができないと伝わらないってことは普通によくあります。

また、What’s food do you like?(どんな食べ物が好きですか)

ときいたら、What? といわれたので、Food! と単語だけで応答したのにも関わらず、

またSorry? と聞き返されてしまいました。

 

横にいる友人に聞くとFとHの音がごっちゃになっているとのことでした。

発音がしっかりしてないと意味が通じない。ということが多々あります。

そこでイントロが長くなりましたが、僕がこういうところを少しずつ直すために、

実際にやった発音矯正法についてお伝えします。

 

意識するのは、「喉」と「舌」です。

 

よく「英語舌」とか言われていますが、舌は綺麗な英語を話す上で非常に重要になります。

しかし、舌だけでもダメで、喉も非常に重要になります。

 

まず、舌は、日本語とは比べ物にならない程、奥に手前に上にと…非常によく動きます。

先程挙げた「珍客」Rare visitorの Rareなんかは、舌を喉近く→手前→喉近くと非常に激しい動きをします。

これら舌には、色々なパターンがあって、日本語とは大きく異なるものです。

これら様々なパターンを分かりやすく図解で紹介してくれているのが、この書籍になります。


英語舌のつくり方 ――じつはネイティブはこう発音していた! (CD book)

特に日本人が苦手なRとLの発音、TH、

FとVなどを非常に詳しく紹介してくれています。

 

 

次に、喉です。日本語と英語の喉の使い方って全然異なっていて、

英語っぽく喋っているけど、なんかダサいって人ってよくいると思うんですが、

この喉が使えていないことが多くの原因になっている場合が多いそうです。

 

日本語は、基本的に喉の上の部分(口に近い部分)を使用して発音しますが、

ネイティブの英語は、喉の下の部分を使用して発音します。

 

試しに、喉の上部分と下を抑えながら、「あいうえお」と発音してみてください。

きっと上の部分で抑えた時の方が、振動を感じるはずです。

 

しかし、これが問題で、英語も同じように、喉の上部分を使って発音すると、

英語全体に深みがない。ってことになります。

 

この英語独特の「深み」を出すためには、この喉を下の方で使えるように、矯正する必要があるのです。

この喉を矯正できるとかなりネイティブ英語っぽく聞こえます(笑)

 

僕自身、舌を矯正した時よりも、喉を矯正した時の方が驚きました。

喋ってて自分でもわかるようになります。

 

「英語っぽい」みたいな(笑)

 

これを詳しく紹介してくれているのが、こちらの書籍です。

英語喉 50のメソッド(CD付)

 

普段使っていない喉の筋肉を使うため、このレッスンを繰り返すと非常に喉が痛くなります。

でも、それは、日々上達している証拠です。1日20分のレッスンで、気軽に取り組むことができます。

 

この喉と舌、2つのアプローチをすれば、

ネイティブに通じる、尊敬される綺麗な発音になるかもしれません。

 

僕自身もまだまだ精進します。
leadget_speaking

photo by: englishmeeting

Facebookページもよろしくお願いします。

TOEFL Lab.はTOEFL高得点取得を目指すための学習支援サイトです。

Facebookからも更新情報を受け取る事が可能です。

最高の情報をお届けしますので、よろしくお願いします。

更新情報はRSSやTwitterからも受け取る事が可能です。

PAGE TOP ↑