世界を見れば英語をやりたくなる!アジアで就活をするフランス人編


世界を見れば英語をやりたくなる!


【アジアで就職したい!フランス人 アドリアン編】

 

みなさん、こんにちは。
前回【世界を見れば英語をやりたくなる!飛躍のきっかけは大失恋!?編

を書かせていただいた
語学マニア沼澤です。

 

最終回の今日は、現在就職活動真っ最中のフランス人学生、
アドリアンを紹介します。

ヨーロッパの学生達は、日本の大学生のようにある時期が来たら
一斉に就職活動を始めて、新年度から一斉に新社会人になる、
なんてことはありません。

 

学びたいことを学びたいだけ学んで、社会に出る準備OK!と
自分で思ったところで初めて就職するんだそうです。
だから、20代後半でもまだ学生の人が多いんですね。
勉強イヤだー、けど、就活もイヤだー、って言ってる日本の学生とは大違い!

 

就活を迎えたアドリアンに、
「将来何をやりたいの?」と聞くと、
意外な答えが返ってきました。

 

「僕は一つの仕事にはこだわらない。
いろんな国のいろんな会社で数年ずつ働いて、経験を積みたいんだ。
そのために、マーケティングもファイナンスも経済も、
幅広く勉強してきたんだよ。」

 

フランス以外にも、オランダ、スペイン、インドで
留学やインターン経験を持つ彼は、まさに準備万端。

 

一番興味のあるアジアでの就職を目指して、
インターネットで情報収集をしたり、
インターンでお世話になった会社の上司に
アジアでの採用状況を尋ねたりしています。

 

とは言え、彼が話すのはフランス語、英語、スペイン語。

 

アジアの言葉は一切できません

 

それでも支障なくアジアで就活できるほど、
英語は世界の公用語になっているんですね。

 

私は今回の連載で、
英語の重要性、楽しさ、英語に対する苦手意識の改善
を目指して記事を書かせていただきました。

 

 

英語というのは、

一歩踏み出せば誰にでもできる世界を広げるためのツールです。

 

あなたも英語で世界を広げてみませんか。

きっかけはなんでもいいんです。

 

とにかく【行動】してみましょう。

さて、今回で私の連載は終了ですが、
ここで紹介しきれなかった友達も世界中にまだまだたくさんいます。

 

私が彼らと直接会う機会はめったにありませんが、
インターネットのおかげでいつもつながりを感じることができています。

 

こんな便利な世の中、あなたも早く英語をマスターして、
ぜひ世界中に友達をいっぱい作ってくださいね!

沼澤でした!

 

沼澤 温子(ヌマザワ アツコ)

1977年 山形の田舎町生まれ
1996年 大学進学のため上京
1997年 初めての海外旅行で英語に目覚める
2002年〜 メーカー、商社等数社で貿易事務を経験
2008年 スペインへ6週間語学留学
2010年 英会話スクールの語学アドバイザーに転身
現在は英語・スペイン語を研鑽しつつフランス語を勉強中

 

沼澤先生の情報をもっと見る。
スーパー英語家庭教師Espowl沼澤温子 

 


Facebookページもよろしくお願いします。

TOEFL Lab.はTOEFL高得点取得を目指すための学習支援サイトです。

Facebookからも更新情報を受け取る事が可能です。

最高の情報をお届けしますので、よろしくお願いします。

更新情報はRSSやTwitterからも受け取る事が可能です。

PAGE TOP ↑