【入門編】TOEFL iBTの申し込み前にやっておくとゼッタイに得する3つのこと


TOEFL iBTの勝負は申し込み前から始まっている!?

世の中に存在するすべてのアクティビティには水面下の動きというものがあります。

あの、誰もが知っているセミだって3年間土の中に潜伏します。

そうです。

TOEFLという誰もが苦しむ英語能力テストでも同じことが言えるのです。

つまり、

TOEFL申し込み前に水面下で動いたものが高スコアを獲得できる

ということです。

この記事では、初めてTOEFLを受験する方に焦点を当てて、

「トーフルを申し込みする前に水面下ですべき3つのこと」

という題目でお送りします。

toefl ibt 申し込み

以下がその例の3つのジョブです。試験本番から古い順に時系列に並べました。

  • IDとクレジットカードの入手
  • トイフル受験地の調査
  • キーボードの違いに慣れる

それでは上から順番に見ていきましょう。

TOEFL受験を円滑にする2つのアイテムをすぐ手に入れる!!

TOEFLという特殊な英語テストを受けるために手に入れなければならない道具が

ぜんぶで2つあります。

アイテムその1.パスポートで身分を証明しよう!

海外旅行に行くあてがなくてもTOEFL受験を決心したら、

まっさきにパスポートを申請しましょう。

パスポートはTOEFL受験の際の一番信用のおける身分証明書となります。

もしパスポートがなければ運転免許証+学生証(写真入り)で代用できますが、

多くの受験者の中には車のハンドルを握ったことがない方や、学生から大人の世界に旅立って数年が経つ方もいます。

そのため、パスポートをトーフルに持参するのが一番信頼のおける身分証明の仕方がです。

一年後に空港の検問をくぐっている自分の姿を想像してパスポートを取っちゃいましょう。

アイテムその2.クレジットカードで金を払う準備をしよう

TOEFLの高額受験料は申し込み時に支払わなければなりません。

そのため、トーフル試験を申し込みする前に支払い方法を整備しておく必要があります。

支払い方法は大きく分けてクレジットカード、ペイパル、国際郵便振替、送金小切手の4つがあります。

日本のペイパルはどのみちクレジットカードでの支払いとなるので実質3つですね(詳細はコチラ)

しかしながら、TOEFL受験料の支払いはクレジットカードの一択です。

なぜなら、国際郵便振替と送金小切手という2つの手段には高額の手数料が伴うからです。

ちなみに国際郵便振替を利用した場合は2000円の手数料がかかるそうです。

この2000円をどぶに捨てるよりはクレジットカードを手に入れるほうが断然ましです!

近所で優良なTOEFL受験会場の調査

前々回のTOEFL試験会場の選び方についての記事で、

トーフルの受験会場の良しあしによってスコアがくそ影響をうける

といいましたね。

おっさしの通り、この流れを汲み取れば、

ぼくらは申し込み前に自宅から近所の優良試験会場を調査しておくべきです。

この調査はお望みの試験日の3か月前までには済ませておきましょう。

その調査方法としては次の2つが挙げられます。

1.インターネット上の口コミ情報を信じる

口コミは信頼性には若干かけますが非公開の情報に対してはかなりの効力を発揮します。

前に紹介したTOEFL GUIDEを利用して質の良い受験地を調査しておきましょう。

2.直前でも席が余っている受験地を消去法で排除する方法

つぎに紹介する方法は質の悪い試験会場を割り出す方法です。

最悪の会場を割り出してそれに消去法を適用すれば、

残った受験地は有料である確率が高いです。

その具体的な方法としては、申し込みの際の受験地検索でわざと直前のテスト日で空いている受験地を探すのです。

試験日1週間前にも席が余っている受験地は爆弾である可能性が非常に高いです。

その爆弾を確認してから3か月前の受験地を検索してみましょう。

US キーボードに慣れておこう!!

じつはTOEFL入門者が申し込み前に知っておくべきことがあります。

それはトーフルで使用するキーボードの入力方法です。

TOEFLはご存知の通りアメリカで生まれたアメリカの大学に行くための試験です。

そのため、キーボード配列がUSキーボード式が適用されています。

以下のキーボード配列がUS式です。

toefl 申し込み

 

実際の日本のテスト会場ではJISキーボード方式のキーボードが用意されています。

受験者ひとりひとりにJISキーボードとUSキーボードの対応表が渡されますが、

テスト本番にこの違いに慣れるのには時間があまりにもかかりすぎます。

ぼくも最初にTOEFLを受験した時はこの違いに無茶苦茶とまどいました。

慌てすぎてアポストロフィ(’)の位置がどうしてもわからず、省略形をまったく使わない文章を書くことに専念していました笑

そんな経験もあってか、はじめてTOEFLを受験する方にはUSキーボードへの慣れをおすすめします。

まあぶっちゃけTOEFLのライティングに使用する文字でUSキーボードでトリッキーな位置に置かれているのはアポストロフィのみです。

コイツの位置だけ確認しておきましょう。

まあそれでもやっぱり不安だという方は安いUSキーボードを購入してタイピングゲームとかしちゃいましょう笑

今日からTOEFL申し込みの準備をしましょう!!

さて、留学を決意してTOEFLを攻略する決心した方はまずは上のような申し込みの準備をしましょう。

多少手間はかかりますが、留学という大きなユメを叶えるためにはちっぽけな手間です。

じゃんじゃん動き回りましょう!

ってか、最後のキーボードの話って申し込み前じゃなくてもいいんじゃないか、

という突っ込みを全力でスルーしてお別れしたいと思います笑

それでは。

chilidog
leadget_start


Facebookページもよろしくお願いします。

TOEFL Lab.はTOEFL高得点取得を目指すための学習支援サイトです。

Facebookからも更新情報を受け取る事が可能です。

最高の情報をお届けしますので、よろしくお願いします。

更新情報はRSSやTwitterからも受け取る事が可能です。

PAGE TOP ↑