TOEFL iBT試験会場を賢く選ぶための4つのポイント


TOEFL iBTでは受験地の質がスコアの2割を左右する!!

TOEFL iBTはTOEICとは異なり、受験者自身が試験会場を選べます。

そして、幸か不幸かこの受験会場の質がTOEFLスコアの2割に影響を及ぼします。

なぜなら、それぞれの会場によって受験者に与えられる待遇がまったく異なるからです。

ちょっと考えてみてください。

グリーン車に無料で乗ったやつと、

通勤ラッシュに真正面から無料で突っ込み酸素不足になってるやつ。

じつは、この両者ほどの大きな差が受験地選定の段階で生まれてしまうのです。

そのため、ぼくら受験者は他の受験者を出し抜いて、早めに質のよいグリーン席を確保してテストに臨まなければならないのです。

toefl ibt 試験会場

そこで本記事では、

質の良いTOEFL受験会場をどのように選び他者を出し抜くのか

という一点に絞って書いてみました。

以下が今日の目次です。

1.受験地予約の適正時期

2.良い受験地の3原則

3.よい試験会場を選ぶためのツー

それではさっそく見ていきましょう。

試験会場選び戦争はいつから始まるのか??

試験会場の予約はTOEFLテストの申し込みの際に行います。

そのため、よい会場を確保するには早めの試験申し込みを行うべきです。

急な方針変更による緊急受験の場合をのぞき、直前に予約するのはやめましょう。

現にぼくは常にぎりぎり野郎なので、ゴミのような外れ会場をひかされ続け苦労しました笑

 

では、いつから未来のTOEFL申し込みが可能なのでしょうか。

じつはぼくらはTOEFL試験日の約3か月先の試験を予約できます。

そのため、TOEFLの受験日程カレンダーをにらみながら予定日の三か月前になったら即座に予約しましょう。

試験日の一週間前に、まだ予約できる会場は完全に売れ残りです。

これらの受験地は質が極端に悪いか、口コミが広まっていない新勢力かのどちらかです。

十分に注意して予約しましょう。

 

よい試験会場の4つのポイント

それじゃあ、どのような基準でトーフルの受験地を選べばいいんでしょうか。

ぼくは次の3つの要素を合わせ持つ試験会場が最良のものだと考えます。

 

ポイント1.アクセスのしやすさ

一つ目に挙げられるのが受験会場までのアクセスのしやすさです。

具体的には、

バス・電車網があるかどうか、最寄り駅からの近いかどうか、自宅から遠いか否か、

などが挙げられます。

TOEFLは4時間にも及ぶ長時間耐久レースです。

したがって、テスト開始前の無駄な体力消耗は極力避けたいのです。

マラソン選手がレース前に全力疾走しませんよね。それですよ、それ。

 

ポイント2.待ち時間の長さ

2つ目の要素は待ち時間です。

これも先のポイントと目的は同じで、無駄なエネルギーを節約するためです。

がしかし、試験会場によっては会場到着後の待ち時間が異様に長く、

ようやくコンピューターの前に座り試験に臨むときにはすでに疲弊してきっていることがあります。

この待ち時間を決定づけるのはずばり、

試験運営スタッフの能力 × 受験者の少なさ

です。前者はぼくらにはどうしようもないことなので天命に任せることにしましょう。

しかし、ぼくらは受験者数が少ない会場を選び取ることができます。

 

ポイント3.個人スペースの質(しきり・間隔)

次のポイントは、一人の受験者が与えられるスペースの質です。

この質というのは様々な要素を含んでいます。

それは、隣の受験者との間に存在している「しきり」の有無であったり、

前後左右の受験者間のスペースの大きさであったりします。

もし、しきりがない会場ですと、スピーキング試験の際に縮こまうかもしれませんし、

リーディング試験のときに「アイリブイントーキョー」にかき乱されてしまうかもしれません。

 

ポイント4.受験者の向き(壁に向かえ)

最後のポイントは受験者の向きです。

知っていましたか??

日本全国の小学生・中学生は南の方角にある黒板に向かって勉強しています。

なぜなら、東の窓側から上る太陽の光が右利きの生徒がものを書く際に影を作らないようにするためです。

それほど人の向きというのは重要なファクターです。

じつはTOEFLという試験でもそれは例外ではありません。

もし、受験者の向きが一方向に統一されている会場があったら、それは最悪の受験会場です。

なぜなら、もし先頭や中盤の席に座らされた場合、

後方から他者のスピーキングの声がバンバン背中に届くからです。これはかなりのプレッシャーと苛立ちを伴います。

したがって、理想的な会場は、すべての受験者が部屋の壁、もしくはしきりに向かっている会場です。

これならば無駄な他者からの圧力・雑音を気にせずテストに臨むことができます。

試験会場選びに便利なツールを紹介!!

さて、ここまで質のよい試験会場について説明してきました。

しかし、じゃあどうやって会場の質を調べりゃいいんだよ!?

ってことなりますよね。

ご安心ください。

世の中にはすでにこの問題に気づき対処してくれた方がいます。

その方が作ったのが、「TOEFL Guide」というサイトです。

このウェブサイトは、受験者が持ち帰ってきた会場に関する口コミをシェアする形式をとっています。

大抵の受験地の情報がここに掲載されていますので、

試験会場を予約するときは参考にしましょう。

しかし、ただの口コミ情報の集まりですので100%信用してはいけません。

あくまでも参考まで、です。

まずはTOEFL受験会場の選定を見直すべき

ここまでTOEFL試験会場の質というマニアックな記事を書いてきました。

ただ、ほんとうにこの特殊な英語テストにおいて会場の選定はかなり重要です。

このサイトで紹介したポイント、そしてツールを駆使しながら、

これまでのTOEFL学習の成果を生かせるような受験地を選び取りましょう。

それでは。

chilidog

<<姉妹記事>>

leadget_start


Facebookページもよろしくお願いします。

TOEFL Lab.はTOEFL高得点取得を目指すための学習支援サイトです。

Facebookからも更新情報を受け取る事が可能です。

最高の情報をお届けしますので、よろしくお願いします。

更新情報はRSSやTwitterからも受け取る事が可能です。

PAGE TOP ↑