純ジャパが最短でTOEFL iBT100点を実現する3つのステップ


TOEFL iBT100点が喉から手が出るほど欲しい

こんにちは、この記事の執筆を担当しますchilidogです。今日はメルマガを通していただいた質問をもとに記事を書きます!

今年の春から高校生になったHさんよりお便りをいただきました。

私は春から高校生なります。将来海外で働きたいので、在学中にTOEFLを100点以上とることが目標です。

だけど、高校の勉強や部活と両立していけるか不安です。

今からでもできる対策&効率的なTOEFLの勉強の仕方を教えてください!

ご質問ありがとうございます!そして、ご入学おめでとうございます。

彼女の質問には大きく分けて2つ要素が含まれています。

  1. 高校生でもできるTOEFL勉強法ってある!?
  2. TOEFL100点を効率的に採る方法ってある!?

上の一つ目の質問に関しましては別に記事を用意しました。詳しくはTOEFL iBTの高校生でもできる勉強法という記事を参照してくださいね。

そこでこの記事では二つ目の、

TOEFLで100点を効率的に採る方法について記事を書いてみます。海外演習や海外駐在を経験したことがない純ジャパの方々でも100点を取得できる3つのステップを紹介しますね。

toefl100

 

Hさんのように海外で将来働きたい方や、アメリカの名門大学院でMBAを取得したい、という方が参考にしてくださる嬉しいです。以下が本日のもくじです。

  1.  スピーキングに弱い日本人がとるべき戦略
  2. TOEFL iBT100点を実現するための3つのステップ
  3. 感動のエンディング

それではさっそく上から順番に確認してうきましょう!

 

スピーキングが苦手な日本人が実践すべきTOEFL戦略

多くの日本人のTOEFL受検者が思っていること。

それは、

TOEFLのスピーキングなんて消えればいい

という負のエネルギーがたっぷりの考えだと思います。じつは、このネガティブな思いにこそ、日本人のぼくらが取れるTOEFL戦略が隠されているのです。

つまり、TOEFLのスピーキングで戦わずして100点を取得する、という戦略です。

もう少し具体的にいえば、

スピーキングで20点取得して、他のセクションで平均27点をとる戦略です。

(R L S W: T)=(27 27 20 27: 101)

というTOEFLスコアを目指します。これがスピーキングが苦手な日本人の受験者の方にとって最も最短でTOEFL100点に近づけるスコアバランスです。

 

なぜ、100点のためにスピーキングが20なのかって!?

それは、純粋に日本で育った日本人の方にはスピーキング23点のカベ、というものが存在しているからです。下の表をご覧下さい。

これはTOEFLスピーキングの採点方法基準の表です。左の値が全6セクションの得点平均、右が実際にTOEFLスコアシートに記載される得点です。

 

toefl 100点

 

ご存知の通り、TOEFLのスピーキングセクションは各設問の得点が4点満点で採点されますよね?

そう、WEAK, LIMITED, FAIR, GOODの4段階です。この表によれば、スピーキングで23点を確保するには、全6つの設問でFAIRをたたき出さねばなりません。これは英語をあまり発話したことがない方にとってかなり高いハードルです。しかも、24点以上となると、一つはGOODを出し、さらに、他はFAIRで抑える、という神業をなしとげなければなりません。

正直言うと、純ジャパの方が24点以上をスピーキングで獲得するには時間がかかりすぎます。おそらく、ある程度の英語実践運用経験がないと到達できない領域です。ぼくはこの領域を「Oh God Zone」と呼んでいます。

また、普通の日本人の方々は20点~23点のスコアを頑張って取れる可能性があります。1問だけLIMITEDで他がFAIRならば22点、2問がLIMITEDで他がFAIRならば20点となります。ぼくら日本人はこのスウィートスポットを狙うようにしましょう。上の表でいえば青の部分ですね。このスウィートスポットの20点を最低でも取ろう!ということで目標を20点にしたのです。

また、20点以下の方はチャンスです。なぜならば、スピーキング専用のテンプレートを利用するだけで容易に20点か19点まで得点を引き上げることができるからです。これは特にいつもスピーキングで15点付近をとってしまっている方に有効です。上の表の緑ゾーンに甘んじている方は、TOEFL LABのスピーキングテンプレートの記事で、テンプレの使い方をマスターしゃちゃいましょう。

 

 TOEFL iBT100点を実現するための3つのステップ!

それではさっそく、上に述べたTOEFLスコアバランスで100点を獲得する方法を紹介します。

ずばり、最短で100点到達するために必要なのは以下の3つのステップです。

 

 STEP1. RとLの合計スコア>50点を実現する。

TOEFL 100点のためにまずやること。それは、リーディングとリスニングの合計点を50点以上にすることです。

理由は2つあります。一つは、リーディングとリスニングで得点をとれることがアカデミック英語の習得を意味するからです。つまり、アカデミック英語を上手くリーディングとリスニングで消化できれば、アカデミック受信力が十分であると判断できるからです。この受信力はスピーキング・ライティングのIntegrated Taskで必要にされるスキルです。

二つ目の理由は、リーディングとリスニングのスコアを上げるのには時間がかかるからです。あ、これはアウトプットセクションに比べると、ということです。下のグラフをご覧ください。これは普通の日本人の方が勉強に費やした時間とTOEFLスコアの伸びを表したグラフです。これはぼくの経験則で作ったものです笑

toefl ibt 100

 

このグラフの横軸は勉強時間、縦軸はTOEFLスコアです。

リーディング・リスニングの2セクションは、アウトプットセクション(スピーキング・ライティング)と比較すると、スコアアップに時間がかかります。なぜなら、アウトプットセクションのように、テンプレなどの裏技が存在しなく、さらに問題形式の慣れの影響が少ないからです。このリーディングとリスニングに関しては地道にコツコツ、シコシコ勉強時間を増やすしか他に手段はありません。

 

STEP2.ライティングで27点以上を狙う!

2つ目はライティングです。上のグラフで示したように、ライティングは日本人のぼくらにも伸ばせることができます。

ライティングスコアを伸ばすカギは、

  • ライティング基礎体力
  • 問題形式への慣れ
  • 得点アップのコツをつかむ

の3つだけです。これさえつかんでいれば、27点以上のスコアを必ずや獲得できるはずです。

これらすべての項目に関してはTOEFL Labのライティングカテゴリーを参照してください。ライティングを攻略するノウハウはほとんど書き記してあるはずです。

ただ、常時的にやってほしいのが一つ目の「ライティング基礎体力」の向上。これは毎日英語の文章を書き続ける、ということで身に着けることができます。ぼくが最も実践して効果が得られたのが異性との英語チャット。この方法は何度もこのサイトに出てきました。相手をどのように笑わせるか、どうやったら相手の情報を引き出せるか、ということを絶えず考えながらチャットしてみてください。自分のふがいない生活を日記に英語でシルスより100倍効果があると思います。ぜひ、そこらへんをぶらついているネイティブスピーカーを捕まえてチャットしまくってくださいね。

 

STEP3.スピーキングスコア20にリーチする

最後にやるべきことはスピーキングスコアの帳尻合わせです。

スピーキングセクションのすごいところは、短期間でスコアを向上させることができる点です。ぶっちゃけ、15点ぐらい取れる方にテンプレ-トとその使い方を伝授すれば、すぐに20点近傍を獲得することができます。

上のグラフで示した通り、スピーキングの得点アップには念入りな努力はまったく必要ありません。コツをこのTOEFL Labでつかみ、それをシレっと使ってやれば20点をとれます。ぼくもシレっと20点をとっていました。シレっと。

したがって、このスピーキング対策は100点をとるためにやるべき最後の対策、ということになります。もちろん、短期間でスコアアップが必要な方はスピーキング対策に走っても構いません。しかし、長いスパンで100点を目指す方なら、時間がかかる他の3セクションを制覇しちゃいましょう。

>>スピーキングの裏技の詳細はコチラ

 

TOEFL iBT100点は夢なんかじゃない、通過点だ。

さて、TOEFL100点を獲得する戦略(純ジャパ仕様)はいかがだったでしょうか。

絶対に成し遂げたい目標があるときは戦略が大事ですよね。

たとえば、キャバ嬢に近づく、という目標を達成するにも戦略が必要です。闇雲に金を消費するだけでは無理なはずです。無駄なはずです。ちゃんとした戦略を立てないと破産する、それは垣根を越えたTOEFLだって同じです。

この記事を読んだ一人でも多くの読者の方がTOEFL iBT100点という目標を達成することを願っております(陰から)。

それでは。また今度。ネタを提供してくださったHさん、ありがとうございました。

leadget_speaking


Facebookページもよろしくお願いします。

TOEFL Lab.はTOEFL高得点取得を目指すための学習支援サイトです。

Facebookからも更新情報を受け取る事が可能です。

最高の情報をお届けしますので、よろしくお願いします。

更新情報はRSSやTwitterからも受け取る事が可能です。

PAGE TOP ↑